サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 09日

おまえなんかシャツの三つ目のボタンみたいなもんだっ

親父が60歳までに死ぬと我が家に3,000万が転がりこむらしい。

じゃあ「死のっか。」って話になるわけじゃないが、今の貯金と合わせるといくらになるか

などと隣で話されるからいたたまれない。


明日から後期授業ってことになります。今日が休暇の最後になります。

噂では都市表現では築地にフィールドワークに行ってその途中、意図的に失踪すると

安くて新鮮な寿司が食いに行けるとか食いに行けないとか。


今日はこれから「赤目四十八瀧心中未遂」を見ます。159分の長尺ですので
本日はこれぎり。

今日見たもの・・・「ベルリン・天使の詩」
名作、名作と聞いていたのが災いしたか。期待のあまり最初波にのれなくてボーッと見てた。ヒロインのブランコ乗りが出てきてから、色々思いつつまじめに見る。良いセリフが結構あったと思う。ピーター・フォークがスケッチしてるトコとか。訳がいいのかもね。
あとはやっぱりモノクロはああいう渋い中年を撮るためにあるんだなとつくづく思った。
いや、それにしても生きていたのかピーター・フォーク・・。
で、もう一つが古今亭志ん生「落語 風呂敷」
これは山藤章二という似顔絵イラストレーター(確かムサビを出ていたハズ)が生前の志ん生を基にそのままアニメ化したもの。「頭山」のようなアーテステックなものではない。生の映像というのがほとんどないからということ。話はおもしろいがモニターと向かい合ってみるものではなかった。
タイトルの「三つ目のボタン~」は名台詞の一つ。女房に対して「あってもなくても変わらない」という意味合いで言っている。他にも首をかしげる女房をビクターの蓄音機を聞いている犬に例え「この蓄音機の犬っ!」と言ったのもこの人。
[PR]

# by s-tou-takahiko | 2005-11-09 21:38 | 雑想(制作以外)
2005年 11月 09日

スナフキニズム

警察に追われているという裏設定があり、大学からタクシーで国分寺に逃げる。

財布に12.000円入ってしめたと思ったが、検問で捕まって拳銃突きつけられて目覚めた。

秋眠暁を覚えず。


起きたてに居間のカーテンを冬用に変えた。そういえば、このカーテンはちょうど

この頃ドラマ演習に徴収されたものであって、そして今日はちょうど「平凡な遺書」の撮影

をしに入間の山中で煙幕炊いたり、ランタンつけたり、銃構えたりしてたころだった。

あぁ一年。


題名は今月号の「ダ・ヴィンチ」がそういう特集だった。スナフキン特集。

メディア・ファクトリーが総力を挙げてスナフキンについて熱く語っている。普通におもろい。

が、なぜスナフキンの格好を加瀬 亮にさせるのか。メディアファクトリーよ。


今日見たもの・・・映画「バーバー」
昔、映画館で見てもう一回見たいと思ってDVD借りたら、カラー版になってた。
セリフも話の流れも主人公のオーラもなにか渋く、奇妙だが落ち着いていてそれが心地よい。
徹底してこの映画は自然な照明作りをしていて、照明フェチの自分にはまた心地よい。
コーエン兄弟みたいな相棒関係はうらやましいなとつくづく思う。もう一回くらい見れるかな。
[PR]

# by s-tou-takahiko | 2005-11-09 00:35 | 雑想(制作以外)
2005年 11月 07日

ムサパーはつぶれたらしい。

ムサパーが廃園していつの間にか大学になってた。

ちょうど大学に用事があったんでよかった。仲間は探すとチラホラ見つかる。

授業で実相寺昭雄おじさんの「宵闇せまれば」を見た。・・・眠い。寝た。

やっぱメトロン星人の方がかなり偏見だけど好き。宇宙人らしい宇宙人だし。畳座ってるし。

夕焼けの決闘シーンはなんかグッとくる。なんか8ミリをもう一回やりたくなる。


宵闇せまって眼科に行く。久々に眼科検診おなじみの気球を見る。

コンタクトが招く眼病の一覧なんて見るんじゃなかった・・。なんか目が緑になる病気とかが

あるんです。ホラーだよ。文章がまた痛そでしょうがない。「剥がれる」とか。


あと進級製作が選抜展に選ばれた。もともと何人中何人選ばれるんだか分からないけど。

とりあえず少し喜んで、肉じゃがとか食べてみた。


今日読んだもの・・・イヨネスコ作の「椅子」。
老人と老婆の二人しかいない劇場に次々と客がやってくるという話。ただ客はまったく見えない。だから二人の妄想なのかと思うけれど呼び鈴はちゃんと鳴ってる。楽団も演奏してる。舞台には客のための椅子がひたすら並べられていく。たぶんビジュアルとしてのおもしろさの方が濃いかなと思う。
読むなら「犀」の方がおもしろかった。町の住民が突然犀になってしまうというかなりクレイジーな話。町の人が次から次へと犀になってくところとか、アニメとかにしたら面白そう。
[PR]

# by s-tou-takahiko | 2005-11-07 20:37 | 雑想(制作以外)