<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 27日

むかしの話は角の喫茶店にでも行って話そう。

a0059578_1441934.jpg

a0059578_1433916.jpg
Otorant / Italy

9/25
写真。Tobita Hideo「静かな生活」
17年前からこんな手法でやっている人がいるとは・・。世界は広い。想像力は狭い。

作品を見ていて思うのは製作の手段としてのジオラマの利点は時間も場所もすっ飛ばしてどこへでもいけること。そして欠点かどうかはわからないがその癖としてはひとつの対象にとどまれない。ということ。

映画「春の劇」 監督マノエル・ド・オリヴェイラ
小豆島の農村歌舞伎のようなものをイメージして行く。純粋にドキュメンタリーを想像したが解説曰く「虚構的ドキュメンタリー」ということで個人的に裏切られる。きっと一つの劇場で演じるというよりは中世のその場ごとに隣の舞台に横移動するパノラマ劇なわけだが、映画からは実際の現地での上演形態などがもはやわからず、最後には原爆のカットなどが挿入されたりと、監督の思想などが農民の劇を侵食しているような印象だった。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2010-09-27 01:24 | 雑想(制作以外)
2010年 09月 22日

結局、エリートがわからなかった子供たち。

a0059578_1393037.jpg
Kawaguchi / Japan

左からアングルフェチ、光線フェチ、カメラフェチ。

a0059578_1431931.jpg


a0059578_145130.jpg


a0059578_1461474.jpg


上の3枚はそれぞれ男、女、男とちがう人間が撮っているけれど
あまりに個性がちがうのでおもしろかった。

なんだか懐かしい休日でした。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2010-09-22 01:51 | 雑想(制作以外)
2010年 09月 09日

頼りない友人とくらい森へ。

a0059578_14392583.jpg
San Gimignano / Italy

9/4
「ミックマック」見る。

銃器や地雷とそれに翻弄された主人公の話をこう楽しく描ける環境がよいね。
どちらも日本でももちろん作っているものなのだけれど(現在は日本は地雷の所有をやめたがそれまで地雷は「専守防衛の国家にふさわしい兵器」だったとか)こうは描けない。

思ったことは頭の中の弾丸がドラマに関わってこない感じがした。
ところどころ出てはくるけど物語の展開には関わらないつっぱねた存在だったような気がする。
弾丸にキャラクターなり備えさせてみてはどうだったろうか…などとおもったり。

今夜の見つけもの。
モダン・ジャズ・オペラ「桃太郎」出だしと2:00あたりが素敵だな。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2010-09-09 15:05 | 雑想(制作以外)