<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 27日

それでも彼らは丘の上に家を築く。

a0059578_143549.jpg
Newyork city / United states of America


淡々と年は暮れていきます。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2009-12-27 01:05 | 雑想(制作以外)
2009年 12月 23日

条約締結前のコーヒーブレイク。

a0059578_101040.jpg
Newyork city / United states of America
瞬く間に年末になった。
未来といわれた21世紀ははやくも十年がたとうとする。
あっという間に過ぎるものはただ過ぎてもうすぐ25歳になる。

映画「千年の祈り」
85分ほどのほんとに地味な映画。
主人公の老人の滞在先であるアメリカのごくありふれた郊外の風景と
そこでひとり娘の帰りを待つ老人の姿がなんともいえない。

なにもすることがなくなった旅先の昼下がりはこんなにも切ないのか・・。


久々に映画館になんぞきたので脇にならぶチラシの群れが妙に楽しかった。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2009-12-23 01:03 | 雑想(制作以外)
2009年 12月 04日

くずれた天井をなおす人間はいまはいない

a0059578_21141756.jpg
Newyork city / United states of America

人生ではじめて、虫歯になった。
まだ痛みはないが舌のさきで
丸々えぐられた歯の輪郭をなぞるとぞっとしない。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2009-12-04 21:22 | 雑想(制作以外)
2009年 12月 02日

ピアニカの吹き方くらいはおぼえたい。

a0059578_11592038.jpg
Newyork city / United states of America

つい渦巻き模様にあわせ磨いてしまう気持ちは理解できる。

映画「ソナチネ」

もう十年以上昔の映画だったとは。
帰りの飛行機のなかでハリー・ポッターとかナイト・ミュージアムを見たけど
その後に見ると、大丈夫かってくらいシンプルな映画にみえた。
カットがうつるときに毎回一瞬無音になるのが
シリアスな場面では息苦しいしほのぼのとしたトコではちょっとわくわくできる。
いま見ると「菊次郎の夏」よりいいかな。

映画「シェルブールの雨傘」

昔見たとき受けつかけなかった画と音の違和感が数年たっても解決されず
ざっと通してしまった。音楽が軽快なわりには「今見るにはちょっと・・・」という
話の地味さがいただけなかった。
その続編で使われている曲
むかし好きだった曲だったので曲名がわかってちょっとうれしかった。
この曲が使われていたCMは2002年のころのものだけど
こうやって見ると車のCMの感覚も変わったなと思う。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2009-12-02 11:59 | 雑想(制作以外)