<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 23日

OK牧場の決闘。

a0059578_010353.jpg
Turkey.

なぜか急に聞きたくなってしまった、西部劇のテーマ

トルコがイラクに越境侵攻したとか。
あんなのどかな平野の国がなんでわざわざそんな血の気の多いことをするのか。

残念だなぁと思う。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-02-23 00:25 | 雑想(制作以外)
2008年 02月 20日

そもそも、のろしが見えていない。

a0059578_2338539.jpg
心をすませ、人の話(というか合図)を聞け。

これが、今日の反省でした。ごめんなさい。

明日から本番
一粒300米の精神で森永キャラメルをなめてがんばってます。
ポジションはサイドフォロー。舞台右側からの無責任な光はすべて
私一個人の責任でだしています。

そういえば森永キャラメルが105円から120円に値上げされていました。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-02-20 23:42 | 雑想(制作以外)
2008年 02月 19日

さよなら、ぼくの試走車。

a0059578_23545519.jpg
Praha.

アンゲロプロス(アレクサンダー大王)とカウリスマキ(街のあかり)
と増村保造(黒い試走車)のレンタルDVDを疲労のあまり電車に忘れるという・・・ことを。

そしてはや一週間。・・・見つからない。

持って言ったやつに言いたい。
おまえは果たしてその三本を見たのか?
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-02-19 00:36 | 雑想(制作以外)
2008年 02月 16日

No Business like a Show Business.

a0059578_2021624.jpg
Japan / Ohshima

来週、自分が働きに行く中劇場の隣の小劇場で前いた会社が仕事しているとか。

追伸
あさって18,19日と知り合いの助監督さんが高校生のエキストラを求めてます。
われこそは高校生顔でなおかつ暇だという人は高校生でなくてもよいのでお電話ください。
と、ここで書いてもまずつかまらないと覚悟はしているので現在電話中です。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-02-16 20:24 | 雑想(制作以外)
2008年 02月 10日

ぼくってなんて素敵なんだろう。

a0059578_23323832.jpg

がんばれ、それでも明日はやってくる。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-02-10 23:36 | 雑想(制作以外)
2008年 02月 05日

こことはもうおさらばの時間。

a0059578_1571784.jpg
昨今、「英語をがんばってみよう」という日本人感情の流行に見事に流され
英語の小説を読んでみるという暴挙にでた結果・・・・もう挫折気味。

挑戦したのは十二月頃読んだ外国小説「アルケミスト」(=錬金術師の意)。
羊飼いの少年が何度も見るピラミッドの下の宝物を求め旅に出る物語。

総量約200P前後。英語版を買ったときは「TOEIC420点クラス」と書かれたいたこの本。
それからやく二ヶ月前後。電子辞書や流し読み、意味をつかめたりつかめなかったり
えっこらおっちら読んでみましたが98Pでいよいよ限界。

通勤時間のわずかな時間であまりに進まず、
なんとなく仕事関係やなんやら日本語の本(こんなおしゃれな職種じゃないけどなあ。)
の本に魅かれてしまうていたらく。

ん~どうしよう。
くまのプーさんから始めるかな~。


追記。

渋谷でソクーロフ特集を先週見てきた。
見たのはもちろん声を合わせて「日陽は静かに発酵し・・・」。
映画館に5000円払っても十分な価値の映画だった。
このDVDを三本セットであこぎに売る紀伊国屋書店はつぶれてしまえばいい。と思う。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-02-05 01:57 | 雑想(制作以外)
2008年 02月 01日

平日には戦車に乗れる。

a0059578_23473748.jpg
・・・乗りました。
写真コースの後輩に撮ってもらったけれど
なぜか戦車の右側がきれているのは作家の隠れた意図なのか。

よく中国人とかは正確に横と縦の画角の端をキチンと説明して
記念写真を撮ってるのでこれを見習い次回は的確な指示を飛ばしたい。
ちなみに最近観光名所と自分の手のひらを重ねるようにして
手の上にその名所がのっかっているような記念写真を撮っているのはほぼ全員中国人。

・・・今年のムサビの卒業制作展は主に空・視・建・映というデザイン中心。
でも巨大展示が少なくどこかボリューム感に欠ける印象が・・・。
ファイン系の作品をほとんど見ずあの独特のにおいを嗅ぎ損ねたせいもあるかもしれない。
新二号館は慣れ親しんでいなかったせいか、帰る直前になってようやく気づく有様。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-02-01 00:48 | 雑想(制作以外)