<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 30日

憎まれ口の残る明日の話。

a0059578_5163252.jpg














昼、図書館経由で近所を哨戒偵察していると
学校で見たことのある人間数人がいる。

敵かっ!

あっ!

夕方には突然の来客。
自分の部屋もしくは工房、もしくはエリア88
もしくは塵溜めを強行突破で見られる。

爪あとが鎖骨につく。

図書館で借りたもの。
・ジュリエット・グレコ
・ウルトラQ・サウンド・トラック
・シカラムータ
・ルパン三世・サウンド・トラック
・トニー・ベネット・グレイテストヒッツ
・ミルバ・リリー・マルレーン
・チャック・ベリー
・三遊亭円生 落語「死神」

・・・29日がこれじゃあなあ。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-12-30 05:31
2006年 12月 29日

初恋ばかりの灯台守を演じた二ノ宮朋和。

a0059578_2552214.jpg
















自分の唯一のロケ撮影。撮影は無事終了。
ということで自分の撮影はオールクリア。めでたい。・・・が、
でもこれは某増田君の23日の映画の撮影(?)風景。
ナインティナイン・マイル・ビーチ。

23日。 
新小岩基地から久保木大尉と山尾大佐を九十九里基地まで
大型装甲車ハイエースで護送するという任務につく。
「若葉マーク付きのハイエース」というエース機に乗車。しかし無事故無違反の奇跡。
運転レベルがは上がったが、「方向音痴」の技を覚えてしまう。

24日。
記憶ナシ。

25日。
なにかやったような気がするが記憶ナシ。
クイーンを聴いていたハズ。

26日。
歌舞く。

27日。
朝帰り。

28日。
撮影最終日。木更津へ。
うみほたるを抜け、強風の中シノヤマキシンのような髪型になりつつ秋風を聴く。
載せられない三脚にむりっこしゃりっこで載せつつ撮影。ブレが怖い。

学校行き納め。オツカレデシタ。


とにかく撮影は終了。
改めて手伝ってくれた人々、もしくは方々。
ありがとうございました。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-12-29 03:17
2006年 12月 22日

トウトツニ、アス、モウイチド。

a0059578_219062.jpg

明日の九十九里行きの準備。

グーグルの衛星写真で交差点の
車線を確認するビビリぶり。

首都高なんて走れないですからね。
しかも「カーナビなし」とは恐れ入る。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-12-22 21:18
2006年 12月 19日

兄のモリソンが「Yazoo川」ってのはどうだね?と言いました。

a0059578_20292538.jpg"故郷の人々"(Old Folks at Home) 
S.C.Foster

流れ行けスワニー川 はるかに
懐かしい人々 住む処へ
来た道をたどって さあ行け
懐かしい畑へ 我が故郷へ
  <繰り返し、各2回>
何処にいようとも 思い出す
はるかな故郷の 懐かしい人

幼い日歩いた 畑よ
幸せなあの日々 歌った歌
毎日遊んでた 兄弟
何時何時も会いたい 年老いた母
    (繰り返す)

茂みに囲まれた 我が小屋
思えば切なさが 湧き溢れる
群れ飛ぶ蜜蜂を 見てさえ
流れ来るバンジョの音 耳するだけで
     (繰り返す)

フィクションとはこういうことか。
今日のブログはメモ代わり。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-12-19 20:36
2006年 12月 18日

恵比寿駅前音信不通事件。

a0059578_110598.jpgスタジオ撮影が終了。
合成部分は完全終了。

毎日が同じ場所なので今ひとつ詳細な記憶が曖昧なのが胸に痛い。あと20日続けていたらもっと訳のわからない青木淳悟のようなことになっていたかもしれない。

手伝ってくれた人々ありがとう。ほんとに。

あとはとりあえずこの一週間秋以来
だいぶんご禁制だったものを色々と見る。

演劇「黒蜥蜴」 演出 デヴィット・ルボー
町工場かと思ったら劇場だった。
美輪様版に対し今回は麻美れい様版。三島由紀夫のセリフと江戸川乱歩の世界をロマンと美という香りで飾るというか塗りたくった美輪様版に比べればこちらはスタイリッシュ。誘拐される十九歳の令嬢に黒蜥蜴自ら変装して欺くというシーンを美輪様はほんとに自らやったが今回はなかった。それは安心した。

「伊藤豊雄 建築|新しいリアル」 伊藤 豊雄
デザインはすごいとは思うが実用性は高いかと考えると疑問。
実際そこを使用する人間の話を聞かないと正式な評価はできないと
考え出すとお楽しみはそこそこで中断される。
でも意外ともう一つの展示の収蔵展にある河内良介っつう人がシュールで好み。

ほんとは竹橋に行きたかったから、竹橋に行きたい。
いや、それよりも卒業制作展に行きたい。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-12-18 01:44
2006年 12月 12日

極度な冷静さという仕事。

a0059578_094012.gifラスト・サムライを見ていたらなんだか俺も許されるような気がしてきた。と思うここ二日。

撮影の山場を越えると共に
二度熱を出し、復旧。

半年ほど本を読んでおらず、
衝動で戯曲本「日暮町風土記」
を買う。読む。読んでしまう。

とりあえず今日は
512MBメモリを買い
はじめてPCを解体する。

あまりのほこりの多さと
めくるめく電子回路の世界に
思い切りテンパる。
人に電話までして、もう。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-12-12 00:29