<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 31日

鶴見駅は、知らない。

a0059578_1453596.jpg
船乗りが汽笛をまねて口笛吹けば、
船乗りをまねて船は汽笛を鳴らす。

遠くに見える島見れば、
忘れた歌も思い出す。

戯曲「針路を左に変えている」
作者 松戸 邦章

打ち合わせる。

七日に一日は仕事もお休みだから
卒業制作展に行こうか。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-10-31 15:01
2006年 10月 30日

練馬駅が広い。

a0059578_23565663.jpg

おぼつかない手で空に円を描くのが早いか。
頭の上の衛星が空を一周するのが早いか。


小説「晴れた日の風船乗り」
作者 磯村 和樹

社会人に電話をかけていいのは何時までか?
思い悩む。


居間からテレビの音が聞こえて
聞こえる部分をつなぎあわせたら、
「そ・・・つ・・ぎ・・・・・ょう・・・・せ・・・い・・さ・・く・・・て・・・ん」
だった。へえ。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-10-30 00:03
2006年 10月 28日

疑問符ばかりの連隊長。

a0059578_15503375.jpg

おうおうにしてたどたどしい。


詩集「はじめてめにする」
著者 伊手 哉

芸祭には行かないつもりだったが
とりあえず他に用事ができたのだから
そのついでに行こうと思い行くことにしよう。

そういえば道を歩いていたら
商店街のスピーカーが言うんだ。
「あなたと~わたしと~♪
 そしてだれかの~卒業制作展~♪」

って言うんだ。

そのしわがれた町内会のおばさんの歌声で。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-10-28 15:58
2006年 10月 27日

卒業制作、いざ行きめやも。

a0059578_17341256.jpg
手のひらで11月の蚊が死んだ。

小説「264号線上の高高度爆撃機」
著者 東 亨

「Port B」という団体がパフォーマンス
をやるそうです。オリヤマさんとかどうでしょ?
こういうの。

卒業制作展は・・・みんな行くよね。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-10-27 17:45
2006年 10月 26日

嗚呼、卒業制作展。

a0059578_2264659.jpgステルファンは漠然とそれを見ていた。
目の前の豚のような動きをする獏の体。
ステルファンは無意識に獏を犀の仲間と思っていたらしい。こんなことで小さく内心驚いていた。

ブリユ通5号247番地のレストラン。
眠気に正気の保てないステルファンの注文した
5ドルにも満たないモーニングセットの上を
その獏は闊歩し鼻を鳴らしていた。

ここ二日半、眠らずに仕事が続いたことに
原因があるのではないか?
おぼろげながらステルファンはそう思った。

いつのまにか獏はステルファンの頭の上に鼻を押し付けている。
この獏はどうやらそこそこ頭が働くらしい。
自分のこれから見るであろう夢が二日半分たまっているハズだからだ。

小説「エリナール・カンパニーが与える四日間の休暇」 
作者 ミヒャエル・テス  

映像科の卒業制作展に行って、ディズニシーに行こう。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-10-26 02:44
2006年 10月 17日

卒業制作展のお知らせ

a0059578_1175710.jpg
「電車来るかな」
「来るかな」

「電車で…」
「電車で?」

「何処に行こうか?」

「…卒業制作展。行こうか。」
「…行こうか。」

「電車、来ないね。」
「来ないね。」

「来るかな。」

「ああ、来るかな。」

…身内しか見ていないのですからこんな駄文になんの意味があるのか。

まあ、おいでよ。ただでは帰さないから。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-10-17 01:24