サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

上海旅路事之顛末。

帰ってきてようやくネットをつなぐと周りがどうやらあわただしい。
進級製作展の最終日に唐十郎を見にいったときと同じ気分だ。

相変わらずイヤな感じの現実回帰と戦線離脱気味の自己嫌悪こそ満開。
いいじゃない。上海だもの。a0059578_21511340.jpg
「懐かしい」という言葉が出ないハズの建物ばかりだけれど、なんだか「懐かしい」。なんか色んなイメージが頭の中に錯乱しているような気がする。
この国は漢字の氾濫した国であり、かつ白人にも黒人にもなれなかったお隣さん同士の国だから不思議な国だ。この国は。




a0059578_221932.jpgサギ師だったのか良い人だったか最後までわからなかった途中で出会った李氏。自分と連れの二人に茶器を豪儀に買い与え、最後にはタバコの代金を代わりに払ってくれといったなり、「箱」でなく「カートン」で買おうとするから恐れ入る。これが「大陸的詐欺」なのか「大陸的渡世」なのか。

自分より明らかに5歳以上年下の女の子が連れに声をかける。となりには母親がいる。道がわからないかと思いきや段々「ハングル」という言葉が「ハングリー」だということに気づく。じゃあと言ってついありあわせの飯代を渡すと今度は故郷の南京に帰れないと言い出す。
本来なら「ふざけんじゃねぇ」の一言ありきだが、どうやら「不幸な少女作戦」に見事に敗北し、気づけば財布から50元が消えていた。


a0059578_22141846.jpg
出かける前に聞いていた「学生街の喫茶店」を口笛で吹くことに挑戦すると、裏路地の匂いがあまりにもきつい。
鳥を油でひたすら煮ているような臭い。
胡椒でも酢でもないなにがしかのきつい香辛料の臭い。
目黒川の臭い。
山手線のなかの仙人の周りに漂う臭い。この四種類がもれなく一種類もしくは混合でやってくる。食べ物のカス。痰。吸殻。何かの残骸。魚のうろこ。食べ物のカスだったなにか。このフレバーがこの裏路地をさらに迷路迷路を約束する。
迷路迷路迷路・・・。



a0059578_22261160.jpg帰国する前日にジャズバーという平常時なら明らかに敷居の高さ故に挫折していたであろう場所に入ってみる。
上海のジャズバーに関しては村上春樹の短編のみの情報しかもちあわせていない。唯一苦くないと思う青島碑酒を飲みながら卒制の構想をすっかり忘れていたことを思い出す。
ヤマクラ氏の上映だとかスズキ氏の大規模製作だとかタケウチ氏の受賞だとか世間はどうやらすごいことになっている。しばし考え込む。
バックレるか。バックレるのか?いっそこのまま旅の恥は掻き捨ててしまおうかとも思うが、ジャズバーの8倍は敷居が高い。しかもあっさては試験だし。・・帰らんと。
11時になってしまい地下鉄が終電を過ぎたのでようやく帰る決心を固めてウェイターを呼んだら少しだけ話した中国人と日本人のビジネスマンがどうやら勘定を払ってくれたらしい。
名もしらぬ隠し酒場の三商人。ありがとう。どうやら帰ってこれました。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-30 22:41 | tabi
2006年 03月 24日

第四場。喫茶店内の時田孝治、ホテルで渡された鍵のたてた音が耳から離れなくなる。

a0059578_12323425.jpgいよいよ明日には中国で。
中国ってトコにどうやらある上海ってトコで。

中国のコンセントのプラグってのは
7種類あるという有様でなんともはや。



ここ最近みたもの
映画「たそがれ清兵衛」 監督 山田洋次
「肌に合わなかったらどうしよう」というビビリから避けていたけれど、ようやくご鑑賞。
学生身分にはどう勉強すればいいんだというタイプの王道映画だったけれどフィルム映画界の意地を感じる映画であったことは確か。殺陣の気合の入り方が半端ない。「暴れん坊将軍」みたいな殺陣の方が好きなんだけれどもねぇ。
ただやたらナレーションが多いのと突然明治になっちゃうのはいかがなものか。

映画「ジプシーのとき」 監督 エミール・クストリッツァ
結構酷な話だったというのが正直な感想。知り合いのベスト映画ということでようやく見る。
とあるジプシーのささいだけれど超能力を持った青年の生涯。クストリッツァの「お祭り騒ぎ感」は割と薄くかなりリアルな現実的なドラマだった。出稼ぎでイタリアに密入国したり、子供を売買したり。「あんな酷に恋人を扱わんでもなぁ」とか結構極端に主人公が悪くなっちゃたような気がしたのはいかがなものかという感じでした。
ラストのあのおっさんは鐘を鳴らしにいったという判断でよいのでしょうか。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-24 13:02 | 雑想(制作以外)
2006年 03月 22日

第三場。脳神経学者、大野仁、軽薄なオレンジのリュックを背負い熱海行きの列車に乗る。

a0059578_21371515.jpg横浜BankARTstudioNYKにて
PortB公演「ニーチェ」鑑賞。
昨日のチェルフィッチュ公演の際のチラシに折り込まれており、前の公演の写真(→)がなかなかそそるものがあったのでチェルフィッチュを同じく見ていたO氏が当日でも入れたという事実を頼りに初めて当日券を買って見るという戦法に打って出る。

「実験演劇」というジャンルに自分はどうやら放り込んだこの舞台。
舞台は真ん中に二本の柱を持った倉庫内をそのまま活かす形。二階建ての櫓を中心にニーチェが寝込むという設定のベッドがシンメトリーに二台配置されている。劇中の役者の動きもかなりそこを意識している。進行すると会場内に配置されていた係員も直線状に動き回る。

あとは客席の一列ごとの間にある薄いカーテン。劇中たまにカーテンを観客の前にひくということで少し舞台の印象が変わって見えてくる。

あと実験的なものとしては入場すると渡されるFMラジオ。ニーチェの文献の朗読が劇中ここから流れてくるという仕掛け。ただこのラジオ。やたら性能が悪い。

1、隣の客のラジオと干渉するのでノイズがやたらでる。(他のJ-Waveかなにかの音楽を拾っているらしい客もいた。)
2、唐突に聞こえなくなる。たぶん全員一回はこの体験をしていた様子。しかも何人かいっぺんに聞こえなくなるらしく自分と同じ瞬間、同じリアクションをする人間が必ずいた。

内容としては晩年の狂人となったニーチェとその妹(極度のブラコン)と母親をメインとした話。息子もしくは弟としてのニーチェを取り巻く妹と母親の愛憎と思想の妄想のドロ沼にはまるニーチェの一人言が舞台の台詞構成になるけれどもこれがまぁ「聞こえない(たまに)、わからない、台詞量が多い」の三拍子さらにこの長文のボクシングに対し解釈時間がまるでこの鈍行思考に与えられず全面モルタルの空間での反響音の渦に身をまかせ続けるしかない。

実験にしてもなんにしてもやっぱりもうちょっとちゃんと台詞が聞こえるべきでないのかなぁ。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-22 22:22 | 雑想(制作以外)
2006年 03月 21日

第二場から第三場へ。舞台装置切り替えの間、稲生和樹が昔都大会で敗北した立峰高校の思い出を語る。

a0059578_22293558.jpgチェルフィッチュの舞台「三月の5日間」鑑賞。
原作で舞台となる六本木のクラブにて公演。ちょっと心憎い演出。
先に書いてしまった「ニーチェ」もセリフ量の多い芝居だがこちらも負けず劣らず半端なく多い。「はぁい。じゃあ今からこの「三月の5日間」をはじめようと思うんですけど~。」という軽いノリから始まるこの芝居。

三月の5日間を渋谷で過ごす5日間限定の恋愛関係を築く男女とその周囲人々の話なのだが本人または(本人もしくはその友人から聞いたであろう)第三者によって語られるどこかドラマテックだがなにげない五日間の物語はやはり「なにげなく」語られる。時に詳細が適当で構成もおぼつかない、そして脱線や反復を繰り返す。

それはやはり自分らが普段生きている場(リアル?リアル。現実ということですな。)で語られる物語の大半は「なにげなく」「おぼつかなく」「脱線し」「反復する」からだと思う。
「脱線」が多い自分としては「人のフリ見て~」ではないけれど、そいうとこでおもしろかったっす。ただこの戯曲、そういう「リアリティ」を狙いとするとかなり賞味期限の短い戯曲という気がする。言葉遣いは常に変化してるワケで。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-21 22:23 | 雑想(制作以外)
2006年 03月 20日

第二場、二助の四畳間。二助、苔の繁殖についての論文の序文に自分の失恋話を織り込む。

a0059578_22554638.jpg映画「かもめ食堂」
ばか混み。映画「アルマゲドン」以来のお立ち見。まず最初にびっくりしたこと。マークが助監督で出てる!マークは一昨年に上級生のクラスに来ていた交換留学生。本名マーク・ルフォフ。映画学科出でありながら合気道の達人であり人生最初に出会った「ヴァイキング顔」。ムサビ映像科出の平沢翔太氏の文化庁受賞作品の教授(?)役としてでている。
まっさかたぁ思ったが・・。

で、映画だが・・。
ん~宣伝(パンフ・ウェブサイト・チラシ)がしっかりしてる映画ってなんでこう期待をうらぎるか。期待しすぎてんのか。自分が。「やぱ猫」っすよ。室井が欠けて片桐はいりがマウンドに立っている状態での。というかTVのショートドラマを映画で1800円払ってる気がしてしまって・・・ん~。ストーリーの流れがゆる~くて、もたい&片桐&小林がスタメンでそれで舞台がフィンランドだからつい「フィンランド映画なのかっ?!」という混乱状態についにたどりつく。
逆にこの「なごみ&ぼの&癒し」映画が合わないというのは今の自分がこういうものを求めていないという証拠かもしれない。ただ唯一、物語の終盤に見つかるトランクをもたいが開けるシーンがなぜかキタ。

a0059578_22592589.jpgもう一つは香港アニメ映画「マグダル・パイナップルパン王子」。「どうかしちゃう映画」再び。
もともとが子供のための絵本&アニメから来ている映画だというが、この狂ったリズムとテンポと世界観がどうみても子供向けとは思えない。いや、全体は子供寄りなんだけども。
立場的には原作者の高橋留美子が否定した押井守が監督した映画版「うる星やつら」という事かもしれない。
物語としては原作の主人公マグマグの相棒のマグダルの親父さんの話(ここの部分を映画にひっぱりだすのが理解できん。よいのか香港電影公司?)「どうかしちゃう」のがこの前半部分だが後半の親父が母親と出会うというくだりから古きよき香港の風景とあいまったノスタルジーなストーリーが展開。「父さんは過去に生きて、母さんは未来に生きて、ボクだけが今を生きている」という結びのシーンが泣きどころ。この美術センスもそうだが、中国語で随所に挿入される切ない歌がなんとも秀逸。疲れからか一瞬記憶がとんでいるのでもう一回見たいところ。

そういえば映画「たそがれ清兵衛」鑑賞。
感想は長いので後日。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-20 23:40 | 雑想(制作以外)
2006年 03月 19日

第一場、大荷物をもった三人の男が空港にて渡航先のラスベガスでの予定を立てている。

まるで見透かしたような文章。長いが。

烏賊川市大映画学科に籍を置く戸村流平は、多くの仲間がそうであるように将来の巨匠名匠を目指してこの大学に入った。
末はオヅかクロサワかとなかば本気で思い込み、オスカーやパルムドールを身近なものと勘違いできた、その意味では立派な映画狂といっていい。(中略)
ところが時は瞬く間に流れ、流平は三年生になった。
やはり多くの仲間たちがそうであるように、流平は自身の才能の限界を感じながら、それでも多少なりとも映像関係の仕事を見つけることができたら幸い、と今後の身の振り方を考え考え、かといって具体的な努力や行動はあと回しでとりあえずは残り少なくなってきた大学生活を浪費することに躍起になっている。そんな毎日だった。
今までの大学生活で学んだことといえば、それはオスカーやパルムドールは自分の世界とは別の世界にある価値観にすぎない、ということに尽きる。

全部が全部ってことはないが、身にしみる話よ。
でもこれ、推理小説「密室の鍵貸します」のほんの一節。
全部読んだわけじゃございやせん。

a0059578_174855.jpg
今日読んでいたのは今度見にいく舞台のシナリオ。岡田利規「三月の5日間」
「スーパーリアル演劇」ということで取り残されないようやっぱり予習しておこうかと決意。感想はまた舞台が終わってからだが、同じくこの舞台を見にいくO氏好みだなぁとしみじみ独断と汚濁と偏見にまみれるように思った。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-19 01:17 | 雑想(制作以外)
2006年 03月 18日

絶対最初に「ロマンティックが止まらない」を歌うべきだったと思う。

じゃなきゃC-C-Bってわからんと思うんよ。ソプラノの人ですよ。遠目からじゃ。
と言うのが卒業式進行全体及びゲストライブを通してまず思ったことで。
まぁなんか書くもくっだらないことでひと悶着ありやなしやだったけども
「本番ミスなし」ということで良いのではないでしょうか。伊右衛門さん。
それにしても「国連総会感」のある会場設計。でもみんな見てたんかなぁ。三面スクリン。
あと関根さん、マイセンのカツサンドごちそうさまでした。神のご加護があらんことを。

a0059578_152530.jpg
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-18 01:22 | 雑想(制作以外)
2006年 03月 17日

「三脚が二脚。」

a0059578_0314448.jpg15時間ぶりに家に着くと、
一昨年イントレ小隊として参戦し、春風に大敗した芸団矢作組プレゼンンツ16mm映画「明日の終わりと昨日の始まり」がアマゾン・ドット・コム並みの早さで届いていた。

ありがとうっ!矢作様っ。
バイト疲れに映像一本。
チヨビタドリンク。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-17 00:44 | 雑想(制作以外)
2006年 03月 16日

祭りの準備の満開の下。

a0059578_0453898.jpg




悶々と悩んでおりました。
助けてトム・ジョーンズ。






今日見たもの
映画「タンポポ」(1985) 監督 伊丹十三
今週は正攻法映画週間ということで。昔、国語の市川先生に教わった映画とようやくご対面。実際見てみると正攻法なつくりにも濃いクセを感じる。
山崎努にウェスタンハットを被せる組み合わせるおもしろさだとか力也の顔にナルトがつくってくだりもたまらなくおころい。食べ物でこんだけ馬鹿なことかんがえられるってのもすごい。そのアイデアに従う役所もえらい。
ただ正攻法がきっちりと決まっているからもちろんおもしろいけれどこれを十数年と続けていくのも超えていくのも難しい話かもしれない。伊丹十三氏自体調べてみると作品の点数のつき方に偏りがないのをみてなんとなくやっぱりなぁとつい思ってしまった。
それにしても大滝秀冶はいつから「老人役」なんだろか・・。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-16 01:08
2006年 03月 14日

毎年恒例。

a0059578_2215278.jpgの発熱をやらかしダウンしていた先日。夜勤先で猛烈な花の臭気にさらされながら気づけば37.6度。

12日は打ち合わせに顔出し。ついでにSONYのHDVカメラのテストに立ち合う。長野の蕎麦屋の若旦那のNお兄さんと再会。二年前の出会いから換算すると十日もあっていない計算だったがちょっとだけずうずうしくカメラをいじらせてもらう。相変わらずファインダーは白黒だったな。
ん~四年のHDVの授業にそこはかとない魅力がわいた一日。

最近見たもの
映画「マグノリア」 監督 ポール・トーマス・アンダーソン
訳がわからないのに引っ張られて引っ張られまくる映画。このテンポ作りと構成がべらぼうに力のあるつくり。ただ実際2時間50分というちょい長であり後半に目に見えるスローテンポがむしろ不健康生活ひいては発熱につながったと言っても過言ではない。
しかしこの映画で立証されたのは性の導き役であるトム・クルーズ。「2001年~」でおなじみのあの曲が流れ始めるところからいきなり「Take a cunt!」(思い切りスラング。字幕翻訳と吹き替えでそのニュアンスの違いを楽しむ嗜み方もアリ)と現れればレンタル代分はあっというまに楽しませくれる。
映画「ヤンヤン夏の思い出」 監督 エドワード・ヤン
中学生か高校の初めに見て「トラウマ並みにものすごい暗い」という印象を受け、「覇王別姫」と並び長年に渡り中国映画離れを引き起こした張本人的映画。
暗い映画に対して多少許容力がついたので再鑑賞。・・・そんな暗くない。っというかむしろ良い!映像の奇麗さに始まり(クリストファー・ドイルの弟子ということで納得)人物の作り込みのバラエティや深み。子供を使った憎い演出もあるがそれを指摘してもやはり良い!映画「機械仕掛けのピアノのための未完成の戯曲」に似たような状況が出てくるがそれはそれでロシア映画と台湾映画の比較になって楽しめる。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-03-14 22:55 | 雑想(制作以外)