<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 31日

「そして列車はやってこない」

電車を待っていたら電車の音が左からやってきたのに左に消えていった。
と、いうことでこんなタイトル。
 
 そして愛に至る(2000)
 そして人生はつづく(1992)
 そして誰もいなくなった(1945)
 そして誰もいなくなった(1974)
 そして天使は歌う ぼ◆ぼ◆僕らは正義の味方(1997)
 そして、ひと粒のひかり(2004)
 そして船は行く(1983)
 そして僕は恋をする(1996)
 そして私は抱かれた オフィスレディ達の体験告白<OV>(2003)
 そして私はベニスに生まれた(

「そして○○」というタイトルは今のところこれぐらいあるらしい。

なぜ電車に乗ったかと言えば、映画「ゲルマニウムの夜」

a0059578_22542870.jpg










重いとかではなく沈む。つまる、つまらないという問題でもない。
聖職者たちの集うハズの修道院には汚濁にまみれたものしかない。そんな中映画は進む。
人を殺して修道院に逃げ込む青年が神に挑むように冒涜の限りを尽くす。
だけれど彼はもっと汚濁したものに巻かれ、翻弄される。むしろ最後には彼が人を赦しているようだし、清らかに見えてくる。
「彼が一番(たぶん宗教か神の存在)に近い。」という劇中の神父の言葉はかなり深い。

神とか性とか死とかについて色々考えたことで言えば、大江健三郎の短編を初めて読んだ
時の印象に似てた。ただあんまり調子に乗って語るのは危険な映画です。
エロス、バイオレンス、臓物、男色、吐しゃ物、汚物の季節が満開ながらそれを気持ち悪く見せないのはこの映画の成功点。だけれど映画館に3人しかいなかった。
大丈夫か荒戸源次郎。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-31 23:13 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 30日

あおげば有頂天。

午前遅くに起きてしまい、卒制展に行くことを断念。
自分の用事と親のおつかいで新橋・有楽町方面へ。

中途半端な昼下がりだったので、近い時間のトコを選んで適当に映画館に行った。
十月末からだから三ヶ月ぶりということになる。
一発目、映画「あおげば尊し」。あっテリー伊藤。監督は「トニー滝谷」の市川準。

a0059578_1512713.jpg










結果は・・・「トニー滝谷」に軍配。テーマが「生と死」というこのご時勢にはかなりストレートな感じ。色々考えさせられるが、やや眠気。ただ何気なく挿入されるカットを見ると監督の演出力はかなりのもの。子供の演技がすごくリアルだった。

終わって映画館を出るとまた少し中途半端な時間。少し考え、二発目。
映画「有頂天ホテル」。昔、エキストラを募集してたな。確か。

a0059578_242441.jpg










一発目をすっ飛ばすほどのお気楽ドタバタコメディ。主要登場人物約20人がところ狭しと動まわる。このきちんと整理された構成はさすが三谷先生。映画「スナッチ」のOPのようにドラマのスイッチングが行われていくのは見事。これだけ役者一人一人に魅力をつけられる演出家はいないだろうなぁ。なかなか。

帰りに手相を占う人に意図的にひっかかってみました。
占いにもそれぞれ守備範囲があるというのがちょっと面白かった。どこまでほんとかはわかりませんが・・。色々おもしろかったけれどある程度代償もありきで気づいたら終電間近でした。すぐ終わるって言ったじゃない。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-30 02:21 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 29日

なにも始まらなかった一日の終わりに。

携帯が復旧しました。

そして先輩にあたる江川女史の卒業制作の完成打ち上げでした。

今日はすべてが終わったということでの打ち上げですので、何も始まりませんでした。

昼から呑んで、完成作品見て、ボーリングして、また呑んで。

とりあえず疲れましたが、映画「ビッグ・リボウスキ」が見たい気分ですな。今は。

a0059578_2102857.jpg
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-29 02:11 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 28日

他人のそら似。空に似た他人。

寝不足です。これが昨日のゲームに要因があるとするならもう終わりです。俺は。

初めて学校近くのベトナム料理屋で飯を食べた。
開店以来入っている人を数えるほどしか見たことがなかったので
哀愁と不安しかなかったこの店。味は・・・普通だ。ドライカレーはまぁイケた。

今日みたもの
映画「他人のそら似」  監督 ミシェル・ブラン
「おもしろい脚本とはなんぞや?」ということでカンヌ映画祭脚本賞受賞作品の中のひとつを選んで見てみた。
主人公のコメディ俳優ミシェル・ブランのまわりをもう一人の自分がうろつきところから始まるコメディ。味わい深いというより構成力のうまさ。展開が読めるような気がしていたがそこは脚本賞。ラストは想像を超えていく上、お洒落。
そうか、最後に出てくる人はロマン・ポランスキーだったか。
映画「暗殺のオペラ」 監督 ベルナルド・ベルトリッチ
「暗殺の森」は見ようとする度大抵不吉なことが起こり、二、三回借りているのにいまだ見られていないのでこちらに変更。ボルヘスが原作だし。
感想・・よいっ!冒頭の音楽から並木通りの木漏れ日そして真っ青な夜に光る街灯の灯り。
閉鎖的などこか不気味で幻想的な街の撮り方。この撮監はホントに天才としか思えない。
ファシストに反抗した英雄の父の名前がそこらかしこについた街に主人公がやってくるというシュールな設定をこのベルトリッチのおやっさんはどう描くのかと思ってたけども、もう満足です。英題は「蜘蛛の罠」と訳すらしく迷宮の作家、ボルヘスらしくラストも迷宮的。
久々に詩集を読みたくなった。
ただこの映画、一回だけマイクがガッチリフレーム内にご出演している。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-28 02:50 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 27日

I神さん家に金八先生がやってきた。

人の家にゲームしに遊びにいくなんて高2以来でないだろうか。

a0059578_1152859.jpg














主人公は病気で欠勤中の金八先生に代わり三年B組の担任となり事件を
解決するというゲーム。もちろん三年B組には昔あらぬ疑いをかけられ教師を嫌いに
なった少年や鉄道が好きな少年や引きこもり少年やアイドル少女や捨て犬を可愛が
る内に家出してしまう少年などが一極集中で集まっているわけです。

そんな中で骨髄移植を控えた妹のために自主映画を撮ろうとするいじめっ子の少年の回
があり、カメラがないという壁が浮かんだときに登場したカメラがこいつ。
a0059578_129313.jpg











あっ。ZC1000。気づいたら生徒に全力投球。だって映像科だもの。
フィルム授業をやった人にしかわからんのです。
ラストは病院の壁に大写しで上映するというちょいとしたニューシネマパラダイスでした。

卒制や写真展で忙しい人を思えば・・・ごめんなさい。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-27 01:36 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 26日

「言い回しを良くしたからどうなるって言うの?」


 今日の名台詞。

21世紀最初のスリ映画「ペナルティライフ」の役者さんらが所属している劇団「Bobjack theater」の新作「Happy sleep」。前情報ほとんどナシ招待券にてご観劇。終わった後ちゃっかり呑みにも顔を出させてもらいました。ごちそうさまです。

小劇場演劇特有の同時多発展開方式がフルスロットルでした。
三つほどのストーリーが早変わり早変わり。前情報がない分どの方向に観客を連れて行くのかが前半不安の感はありましたが中盤、主人公の記憶が消えていくあたりからワクワクギリギリ感が加速。
最後クライマックスは三つのストーリーが狭い舞台で刺し違えるという超絶技巧。
気づけばもう一押しで泣きに入りかけるシリアスさでした。1時間50分。良い舞台でした。

水を差す形で言えばこの技巧に富んだ構成が完成されるためにやや登場人物の本来の性格が犠牲になっていたのかもという気はしました。

それというのも前日の深夜、BSでの少女漫画家里中満智子少女マンガ「アリエスの乙女たち」にまつわる制作秘話みたいなのがやっていて、この作品を描くにあたり「ストーリーや構成といったものを考えず、状況と登場人物の性格のみで話を進めようと思って描いた。」というのがおもしろくそういった影響もあっての感想ではないかと。

いずれ見てみよう。と、思っているうちに国分寺男がとなりで爆睡しておりました。
俺はこれから恵比寿に行かなきゃいかんというに・・・。深夜のピクニックです。

a0059578_245678.jpg
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-26 02:48 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 25日

新作映画「ニコニコ倶楽部」製作発表之事。

舞台「信長」ってのを見に銀座に行ってきました。一応おとっつあんが脚本を書いてます。

やっぱり市川海老蔵の存在感ってのは際立ってました。
これを見た人がこれから信長を思う時現れる信長はしばらく海老蔵の顔をしてるんでは
なかろうか。と思い、あ~やっぱター坊。おとっつあんはすげえぞと思った9時40分でした。
多少ファザコンの感もある文章だけれどもまぁご容赦。

「プレッシャーはおまえの運命みたいなもんだからな。」というのはとある先輩の言葉。
最近はわりとワリキリの術を使うようになりましたがやはりプレッシャーです。
こう恥ばかり増えて20歳までくると。

リンクに「ニコニコ倶楽部」を追加いたしました。「ジャグリン2」が期待されているところです。
そういえばジャ・ジャンクー「世界」を見に行こうなんて言ってましたな。今思い出した。

今日見たもの
映画「そして船は行く」 監督 フェデリコ・フェリーニ
タイトルがとても好きで、イメラでDVDが借りられたので見た。レビューを見ると「後期の勢いの衰退を感じる」と書かれていたけれど氏独特の濃いキャラクターの人間模様が見ていて心地良かった。キャラクターのデフォルメが天才だなと改めて思った。ラスト20分の指揮者が指揮棒を振る辺りからは息を深く吸っては吐いてばかりいた。スーハー。
映画「野いちご」 監督 イングマール・ベルイマン
この御人の「第七の封印」というのが死神とチェスで勝負する話で今回は自分の死体と会う夢を見る教授の話。わりと寄り目のカットが多いのに印象的な映像。素直に奇麗な画作り。
まだ二作品しか見ていないけどラストの死のにおいが漂いながらもどこか朗らかというか穏やかな感じがすき。
グリーナウェイは「第七の~」を見て映画を撮る気になったとか。そんで納得。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-25 02:10 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 22日

スコットランド兵は軍服もチェックのスカートだった。

コンペ用の編集が徒然なるままに終わった。
あとは明日テープを買って、製作意図を書いて、千円分の切手を同封すりゃおしまい。
今回は著作権的にはわりと叩いてもほこりのでない作品なのでようやく出展できます。

a0059578_22153036.jpg

















そういえばTHUTAYAのレンタルが500ポイント溜まり、500円分の割引をしてもらった。
100円で1ポイントだったとか。そうかポイントとはこのためにあったのか。
それにしても足元見すぎさね。50000円で500円たぁ。おめえさん。

今日見たもの
映画「まぼろしの市街戦」 監督 フィリップ・ド・ブロカ
第一次大戦末期、ドイツによって爆弾をしかけられ誰もいない街に英国軍の斥候である主人公が爆弾を解体しにやってくる、がそこには精神病院から抜け出した人々が伯爵、娼婦、将軍、法王と好き勝手な役を楽しく演じながら暮らしておりひょんなことから主人公が王様に祭り上げられてしまうという気狂いじみたコメディ。
「戦争も戴冠式もすべては仮面舞踏会。」の台詞通りテンションの高いお祭り騒ぎがツボにはまる。が、しっかりとそのノリでクライマックスでは戦争批判も繰り広げてくれる。「えっ?えええっ!そのオチ?!」と言いたくなるラストがすんなり飲み込めればこの作品は晴れて名作入りしたハズ。リアリティからすれば今的に細かい指摘もあるがまぁよい作品。
舞台化してもよさそう、と思っていたらしっかりミュージカル化。しかし結果は大コケらしい。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-22 22:40 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 22日

引きこもりし君の肩に雪は積もらず。

四谷にある映広の編集スタジオで夜を越しました。
手伝っていた映画もあっという間に編集段階。

さっき学校に行ってきたけれども案の定雪がすごかった。
授業があったら雪合戦もできたんにの。残念さ。
玉川上水で映像科の一年が玉川上水の安全化の署名活動の一環で灯篭をつくっていた。
そうか。そういう活動ができたのか。今日は。

昨日は横浜で洋館めぐりをしてきた。こんなんとか。

a0059578_0113647.jpg















そのほかこんなんとか。「ゴットファザー」っぽい。これは。

a0059578_0103341.jpg















その後、吉祥寺に石神伯爵と三条女史とデ情の二人という異色なパーティーのもとへ。
吉祥寺オムライスツアーへ。
ポムの樹というオムライス屋で「明太子とろろオムライス」と「チーズなんとかオムライス」
のLサイズととどめにビック・パフェ二つをたいらげたとさ。

そういえば手伝ってた映画の女優さんと割とちょい役の男優が
山手線の車内TVの任天堂DS「英語漬け」のCMに出ていました。
山手線の輪の中のやたら狭い世界です。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-22 00:29 | 雑想(制作以外)
2006年 01月 19日

オムライスは明日の方向へ。

吉祥寺のオムライスは明日に持ち越しとなりました。

時間が余ったのでイメラで眠気の中DVDを垂れ流し。
「広島国際アニメーション傑作選」を二本ほど。あとはサウスパーク
一話だけだけれどえげつねいな。でもどこかケニーが好きな自分がいます。

さて携帯はいよいよ買いなおし。
今後六ヶ月は失くすことができません(三万から五万円とられるから)
しばらくは自分に罰を与えるため汐留スタイルです。

a0059578_224286.jpg
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-19 22:42 | 雑想(制作以外)