サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:tabi( 32 )


2007年 09月 04日

8/11、1コルナ=6円。

a0059578_22525414.jpg











チェコの通貨はコルナ。「kc」と表記。
コルナより下にはハレーシュという単位がある。

人口は1千万弱。首都のプラハで120万人。面積は日本の五分の一。

8/11

暗雲のたちこめるプラハに着くとどことなくよどんだ空気。
ドイツと比べるとどことなく印象が晴れやかでない。
プラハ・ホロショビッツェ駅の天井は低く、蛍光灯は一時代前のほの暗い蛍光灯。
アルファベットの上にいくつかの記号がつくチェコ語表記。東欧に来たという感じ。

「ありがとう」はDěkuji。ヂェグイ。「はい」はAno。アノ。「いいえ」はNe。ネ。
「こんにちわ」はDobrý den。ドブリーデン。ちなみに東欧諸国でこのDobrý denは
ロシア語ではДобрый день。ドーブルイ・ジェーン。
ポーランドではDzień dobry・ヂェイン・ドブリー。
ブルガリアでДобър ден ・ドーバル・デン。
ウクライナではДобри день・ドブリ・デン。
と英語圏とは違う言語体系を持っている。

a0059578_23424553.jpg











ちなみにチェコは共産圏だったのでソ連の崩壊までは英語はご法度。
しかも共産圏の影響か中年は労働意欲と態度はどこか希薄。
駅のインフォメーションに至ってはよくわからない英文をただ連呼。
コミュニケーションする気ナシ。

とどめはこの時刻表・・・意味不明。

夜、おもちゃのようなトラムに乗って街に出る。
異国の街で一人。不安な気持ちで歩くと突如、ガス灯に包まれた街。

・・・イイッ!!

a0059578_23561569.jpg
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-09-04 22:56 | tabi
2007年 08月 30日

8/5、銀行口座が凍結される。

a0059578_21405179.jpg











8/5-8/10

ベルリンに滞在して最初に起こったのは海外旅行用の銀行口座の凍結。

(暗証番号がカードの送付時に向こうが決めるタイプだったので番号を間違えた)
という上記の理由によりカード使用一回目にまさかの永久凍結。シテイバンクめ!
このカードは結局一日で子供用おもちゃ銀行カードより無価値に。というかゴミ以下。
突如、マザー2を思い出した。

ベルリンは今思えばやや印象の薄い都市だった。
東西統一から16,7年たち、中央駅から見えた風景はまるで首都に似合わない
スッカラカンな自然公園と工事現場が広がっていた。
16、7年たってもなおもアンダーコンストラクションだったからだ。
いたるところが工事中で、二つあった中心を今なお一つに戻しきれていない感じだ。

ベルリンでは美術館を日々、周る感じだった。
映画博物館。自然史博物館、歴史博物館、ハンブルグ駅現代美術館。
グッゲンハイム美術館、ペルガモン博物館…。
「ベルリン・天使の詩」に出てくる国立図書館は行ったが会員登録が必要とあり止められた。
夜はとりあえずオフシーズンの中、夜な夜な公演を探しては
実は演劇じゃなくて歌謡ショーだったり一幕ものの会話劇だったりと
失敗もあったがおもしろかった。ブルーマングループってのは今度日本に来るらしいね。

a0059578_21511751.jpg











上はベルリンのどおかで見つけた落書きビル。下はベルリンの動物園の一部屋。
この自然光と壁の色のカンジが妙に素敵でいっぱい写真を撮った。
ヨーロッパの空間はやっぱり刺激的だ。

a0059578_21412036.jpg
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-08-30 22:20 | tabi
2007年 08月 28日

8/3、ふと寒くてカンボジア製のセーターを買う。

a0059578_21443820.jpg











7/30-8/4

曇ったりすると突然グッと寒くなるので、止むを得ずセーターを買った。
日本円で3.400円ほどのセーターはカンボジア製だった。
ただドイツの服は言えた立場ではないがダサい。気がする。
ジーンズメイトとかセンター街にあるような服ばっか。ああ、いやだ。いやだ。
でも実際、流行をあまり追いかけない民族性らしい。

この期間は
エルツ城という山奥の古城に片道3、4時間かけて行ったり、
kasselというところで五年に一度のドクメンタという国際美術展に行ったり
kolnというとこにある大聖堂を見たりした。

a0059578_22301464.jpg











ドイツ人は噂通りほんとに移動が大好きな連中で
スーツ着て働いてる人よりリュックしょって移動している人間ばっか見た。
どうやって自分の手の本数より多い荷物を彼らは持っていたのか。

a0059578_222461.jpg
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-08-28 21:45 | tabi
2007年 08月 21日

以下の日本国民が一定期間、本国内に不在であった事を認め再度本国に戻る場合可能な限りこれを保障する。

チェコからようやくドイツに戻ってきました。
残す独逸道中膝栗毛もあと数日。

ヤクにも溺れず女にも溺れなかったものの
残金200円弱で帰ってくるという
なかなか綱渡りな旅路でした。

スネオ的な思い出話はおいおいするとして
とりあえずすっかりなかったことにして
忘れたことにして記憶の山深く埋めていたものを
掘り出す時間にあてています。

あー堀り出すんじゃなかった。

今はこちらで21時なわけですが
まだ陽が暮れないこの国で
とりあえずまたコーラばかり飲んでいるのです。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-08-21 04:08 | tabi
2007年 08月 14日

czech republic kara konnbannwa

ima tyeko no praha de
inter net ga kokomade tadorituketanode
toriaezu nanika kaitemiyou. to omottanodesu. ga

japanise word ga tukaeninode
roma zi de otodokesimasita

dehadewa
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-08-14 06:13 | tabi
2007年 05月 27日

Dagya-。

a0059578_22215661.jpg5/25-26

ある雨の日のことでした。
都会生活に疲れた寝不足な私は
買ったカメラと四枚歯の髭剃をカバンにつめ
一路、いまさら万博のガイドブック片手に
名古屋へと向かうのでした。

以下、名古屋での気づいた点

・道路が広い。
・高い建物が少ない。
・地下鉄の初乗り運賃がやや高い。
・SUICAが使えず、TOICAが使える。
・電車内広告が少ない。
・切符売り場がわからない。
・わりと夜、道が暗い。
・AEONが24時間開いている。
・AEONが広い。
・車が早い。
・タクシーの運転手が優しい。

結局、どこともなく名古屋界隈をブラブラしてすごす。
名古屋城とリトルワールドは次回持ち越しです。

展示「アメリカ絵画 子供の世界」 / 名古屋ボストン美術館

映画「クイーン」 / スティーブン・フレアーズ

映画「日々は静かに発酵し…」 / アレクサンドル・ソクーロフ

オペラ「セビリアの理髪師」 / 横浜みなとみらい

ソクーロフの原作小説、「世紀終末十億年前」が見つからない。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-05-27 22:24 | tabi
2007年 04月 02日

戦争に序曲がついてこない。

a0059578_363376.jpg三度目の九十九里浜。

たかだか30分、海に足をつけるため
220キロも走る。

増田さんの撮影の時にあった瓦礫の山が消え去るとあとにはほんとになにもなかった。
だからよけいにたった30分だった。

道中、相方が「最初の接吻の相手がわからない。」と言い、思わずハンドルを切りそこねかける。

四月。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-04-02 03:18 | tabi
2007年 03月 14日

卒業式で袴がはけない。

a0059578_2123783.jpg





あー、帰ってきた。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-03-14 02:14 | tabi
2006年 09月 01日

古典落語「越後妻有トリエンナーレ」。

a0059578_2328541.jpg越後の山の
霧の向こうから帰ってきた人こと
東京都在住の21歳学生です。
東京都在住の52歳の文士と
楢山櫛考してきました。

越後妻有トリエンナーレ。

野越え山越え
六町またぎひた走る
明日はどちらか品川の
金庫破りが身の破れ
なんとかなんとか
なんとかのいよいよ
卒制なんとかで
いつ終わるやら波の果て

a0059578_23335167.jpg















a0059578_23373626.jpg















a0059578_2341837.jpg
















死刑執行前に一服吸わされる感の中でかけましたが
結果的には良い方向で見切りがつきました。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-09-01 23:44 | tabi
2006年 08月 28日

北品川三丁目からの敗走。

a0059578_23191796.jpg
越後妻有
二日拠点を移します。

その前に見たもの整理。

映画「珈琲時光」
監督 ホウ・シャオシェン


映画「出口のない海」
監督 佐々部 清


舞台「さすらい」
演出 坂手 洋二


展示「川瀬巴水展」

展示「ポーランド写真100年史」
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-08-28 23:27 | tabi