2009年 09月 30日

いつの間にやら、靴を脱ぎ。

a0059578_1364724.jpg
Kogane-zaki / Japan

三ヶ月以上、放置しました。
はじめの一月半は完全に無精ですが、あとの一月半は仕事で東京を離れていました。

なんとなく記憶の整理ついでにこの三ヶ月をダイジェストで振り返ります。

7月。

中旬、ジャック・ニコルソンの「ファイブ・イージー・ピーシイズ」を高田馬場で見る。
下旬、六本木。アイ・ウェイ・ウェイ展を見る。

8月。

上旬、熱海に一泊の温泉(果たしてそうだったか?)旅行。
    波の音の聞こえる旅館と和室にはなんだろうが下駄と浴衣がよく合う。
すこし上旬、越後妻有トリエンナーレ。今年は3、40くらい見た。
    三年前を思い出し、一回休み。
やや中旬、九州出兵。
中旬、小倉。はじめて松本清張を読む。
やや下旬、下関条約を結んだ旅館をみにいく。ふぐ。
下旬、麻生太郎の地元で総選挙の日を向かえる。
    麻生太郎の当選がきまったとき遠くから歓声が聞こえた。    

a0059578_1373133.jpg
Nigata / Japan

9月。写真を見ながら振り返ると、稲が濃い緑からいつの間にやら黄金色になっているのにふと気付いた。

上旬、わが胸の 燃ゆるおもいに くらぶれば 煙はうすし 桜島山
    鹿児島。桜島と軍艦を背に人生最初の海釣り。カワハギとベラを釣る。
まだ上旬、熊本城。東京に向け手紙を二通書く。
中旬、博多。豚骨の洗礼を受ける。一週間で四日ラーメンを食べる。
    福岡アジア美術トリエンナーレ。
下旬、長崎、イギリス人のグラバーさんと会い、新式の銃を三千丁購入。
    まさかの帰りの飛行機が欠航。ANAが千円くれた。
    帰って翌日、山形。会社に入ってすぐ行った人形劇の最終公演。
    自分の成長に疑問を感じ、二回休み。

そんなわけで帰ってきたわたしの部屋にはほったらかしてきた三ヶ月が山となり
それを片付けるうちに休みの夜は更けていくのでした。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2009-09-30 01:38 | 雑想(制作以外)


<< 布団をひくと、日記をかくことを...      傘をわすれて、それでも海に出た... >>