サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 20日

傘をわすれて、それでも海に出たいあなたに。

a0059578_15347.jpg
 Chesky krumlov / Ceska Republika 

何度見ても最後までまともに見られなかったジャック・タチの3時間超大作「playtime」と
以前電車の中でなくした「黒い試走車」をもういちど借りて見る。

「playtime」は本人のいうとおり遺作になるべきというくらいの大作だった。
三時間かけてああいう風に結べるセンスは素晴らしいと思う。

「黒い試走車」は「巨人と玩具」の対のような作品だった。
こっちの方が話がどろどろしい話っだたけれど車の光沢感なんかの
表現なんかも含めてモノクロの似合う映画だった。

そういうことで言えば「巨人と玩具」はけばけばしい色味と
ちょっとキッチュなトーンだったしカラーが似合う映画だと思う。

変わらないのはどっちでも冷血的な情熱派上司の高松英郎
カラーとモノクロ両方の高松英郎を見比べてみる一日もあっていいとおもう。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2009-06-20 01:08 | 雑想(制作以外)


<< いつの間にやら、靴を脱ぎ。      久しくかぶらない山高帽子。 >>