2009年 03月 05日

目黒界隈間取巡(めぐろかいわいまどりのめぐり)

a0059578_22574625.jpg
Cheb / Czech Republic

春より名古屋から東京に転属になった恋人が、部屋を探し、東京に出てくる。
会社の立地の関係もあり二、三日中央区界隈と目黒区界隈で部屋の内見に立ち会う。
(いろいろ立場も考え、偽名まで考えた上で従兄弟を装うが、即バレタ)

独り暮らしの経験のない自分にしては新鮮な経験だった。
中央区なんて住むとところなんぞ無いと思っていたが、
意外や意外高層ビルの裏には住宅地が隠れている。
間取りにしても玄関先の通路の先に広がる何畳かの空間が
梁の位置の具合、左右の広がりの具合、窓の大きさだけでも
一見似たりよったりの間取図でもこうも違うかという感じだった。

(上写真)はチェコの国境沿いの小さな町の公園でやっていた子供人形劇。
演目は恐らく三匹のこぶた(これがヤギだった)。
恐らく「ママ」のことを「マミンコ」と言うのが愛嬌があった。

人形の操作自体は人形の上にワインの栓抜きのようなものが
刺さっているのを操るという単純なものだった。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2009-03-05 23:34 | 雑想(制作以外)


<< 小品。      真下に広がる24歳。 >>