サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 18日

こらえ切れない寒さの焚火 煙いはずだよ生木が燻る

a0059578_264943.jpg
 Kassel / Germany

雪の進軍氷を踏んで
どれが河やら道さえ知れず
馬は斃(たお)れる捨ててもおけず
ここは何処(いずく)ぞ皆敵の国
ままよ大胆一服やれば
頼み少なや煙草が二本

雪の進軍 / 永井建子

恋人が冬にどうしても見たいというので
東京で借りて貸したDVD、映画「八甲田山」が郵便で帰ってきた。
高倉健、北大路欣也、丹波哲郎・・・なんてロマンティックなキャスト。

話しを聞くと意外と面白そうと思ったが
映画「日本のいちばん長い日」を先々週見てしまい、(これもキャスト勢が鬼のように豪華、オープニングタイトルまで20分以上というアヴァンギャルドさに加え難しい言葉がいっぱい出てきてお勉強になる。)心の中で終戦を迎えてしまった上に
さすがにもうこの時期、170分の映画なんぞ見ている場合でない
年の暮れなのだが、なぜか劇中のこの唄だけは覚えた。

そんな私も、しあさってからは(恐らく雪の)山形遠征。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-12-18 02:20 | 雑想(制作以外)


<< 逃げるときには、唇を噛みしめて...      もはや忘れてしまった冒険、中南米編。 >>