2008年 04月 28日

三年で辞めた若者はどこに消えたのか。

a0059578_0352186.jpg
The Soni Highland / Nara

光文社新書「若者はなぜ三年でやめるのか?」に
続編「三年で辞めた若者はどこへ行ったのか」が出ていた。
これのさらなる続編はどのようになっていくのだろうか。

土日の休みを利用して名古屋から遠く離れてシリーズ第二弾。
前回の白川郷に続き、今回は奈良県の曽爾(そに)高原にトヨレンの紺色プリウスを駆り出して堂々の往復300キロ。京都まで89キロまで迫った。

1000メートル程度の山なのに一番上まで上ると360度が見渡せて
ほとんど何もない野原という風景が妙にシュールだった。
なぜか山頂に上ると恋人の向こうにカラスが大量に舞っていてすごい悪役に見えた。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2008-04-28 00:35 | 雑想(制作以外)


<< 思いのたけは山に突き刺さったま...      故郷は、帰る君のための故郷を用... >>