サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 27日

この星空が目に入らないのか。

a0059578_041218.jpg

12/24 はじめての旅公演が千葉県の片隅にて終了。
先月の15日に突然の愛知県豊川市行きから始まったこの公演。

東西のプラネタリウムを使ったこの企画、最後にはプラネタリウムの
「星出し」と「夜空の回転」のスイッチを押させてもらうというお役目の星空奉行。

向ヶ丘遊園でデス・スターならぬメガ・スターを見て以来、
小規模な少年の夢の一つに「プラネタリウムで働きたい」という夢があった私の夢は
こうやって唐突に叶えられたのでありました。

a0059578_042138.jpg

12/20は憧れの浜松、秋野不矩美術館へ。
藤森氏いわく、「若い人から見ると自分の建築は新鮮かもしれないが、お年寄りから見るとなぜわざわざボロいものを作るのか」というようなこと言われると言っていたが、確かにはたからみると冬のかれた山肌とマッチして「ボロい!」と瞬間つい思ってしまった。

実際、想像よりはるかに小さな美術館でなかの展示より外で建物を眺める時間の方が長いのではというくらいあっという間に見終わってしまった。建物というより土と木でできた工芸品を眺めているような時間だった。

秋野不矩美術館へは天竜浜名湖鉄道「天竜二俣駅」から十五分程度。
帰りに乗ったこの単線ものどかで気持ちいい時間だった。
駅の目の前が湖という天竜佐久米駅。橋もかかっているのが残念だが思わず途中下車したくなるハートフルステーション。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-12-27 00:21 | 雑想(制作以外)


<< 乾いた椅子の傾きぐあい。      In 1814 we took... >>