2007年 12月 13日

君の瞳は90V。

a0059578_0485227.jpg

仕事で行った琵琶湖のほとりにある
佐川美術館の地下一階にある大部屋。

部屋の隅の一辺から外の光が
人工池をとおして差し込んでくるという仕掛け。
恐らくモルタルの壁と木材による床が
この光の中で溶けあっている。
壁に切り込んでくる光の差込み具合もきれいだ。

7,8m×14,5mの空間は
もはや舞台美術の域に達しているようで
それだけで物語が語れるような顔を持っていた。


12/12

今日は横浜の神奈川県民ホール。
あらゆるアクシデント&トラブルが合併症のごとく
明智光秀と小早川秀秋が一緒にやってくるような
開場3分前まで映像が出なくなるという事態が発生。

10分前までまるで他人事だったが
それ以降、現場の映像の責任者がまぎれもなく
自分ひとりだということに気づいてからが
とてもハートフルだった。

仕事終わり、ふと横浜で勤務中とのうわさが名高い
ムラタ助手に会いたくなったが
ご飯食べませんかメールがシカトされるという逆風。

いやん。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-12-13 01:04 | 雑想(制作以外)


<< 舟人水鳥兩同夢。      日本の城は美しい。 >>