2007年 11月 24日

プラネタリウムで眠らない10の方法。

a0059578_0432466.jpg

15日、13時頃。東京、六本木。

「元映像科」という肩書きを「映像全般に通づる」というかなりにしても
あまりに前向きな解釈から人形劇の「映像オペレーター奉行」に突如配属変更。

しかもその日の夕方に現場の愛知県豊川市に異動という緊急指令を預かり
20分で準備、二日間を豊川のなぜかロビーに柴犬がいるビジネスホテルに泊まる。
と言っても、タイミングに合わせて再生ボタンを押すだけなのに
まがまがしいほどの機材に囲まれ「オペレーターでござい」という顔をして過ごす。

18日。愛知。

仕事が終わり一日休みになったので、新幹線を遅便に変え名古屋で休日をすごす。
なんとなくこの月を逃すといけなさそうな気がするという直感からかねてからの
白川郷行きに無理やり相方を付き合わせる。

自動車による往復約300キロというこのあまりに無計画な日帰り旅行は
予想通りに天気は大幅に崩れ、相方の不機嫌さは増しつつ、
それでも「白川郷」とでかでか書かれた赤いビニール傘に身を寄せつつ
なにごともなく日帰り旅を終えたのだった。

しかも帰りに突然の初雪。
嬉しくてハシャぐ以上に帰れなくなるのではということでドギドギしていた。
a0059578_0322934.jpg

[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-11-24 01:05 | 雑想(制作以外)


<< 1000キロを行ったりきたり。      「600円から1000円の間で... >>