2007年 04月 19日

До свидания токио

a0059578_0512045.jpg森下へ。
とある新作公演の仕込み。

初めて調整卓を触る。
ch+(チャンネル番号)+at+(照明の出力%数値)。
ch+(チャンネル番号)+and+ch+(チャンネル番号)+at+(照明の出力%数値)。
ch+(チャンネル番号)+at+Full(出力最大)。
ch+(チャンネル番号)+thru+ch+(チャンネル番号)+at+(照明の出力%数値)。
rel(やり直し)。
ここらへんの入力が全てキーボードになったのは便利だがすこし怖い。

20時、チェーホフの芝居を手伝っていて、そういえば相方は
8分の1はロシア人で4分の1は韓国人だと思い出しつつ
ロシア名、エカチェリーナを品川駅まで見送る。

20:20発のぞみはあわただしく名古屋へ。
しばし、おわかれ。 До свидания 。

出発前に、品川駅中の牡蠣レストランに二人で行ったが
両親に米国的資本主義思想だと罵詈雑言を浴びた。
Обстоятельство дома (家庭の事情)でサイザンスなのだ。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2007-04-19 00:51 | 雑想(制作以外)


<< ラッセンはなぜアートシーンで「...      街だって蒸発したろうって気になるさ。 >>