2006年 08月 15日

奥多摩湖酔夢譚

a0059578_16263699.jpgその島に住む子供は
誰でも必ず一度は宇宙の夢を見た。
しかし起きてみると隣においてあったロケットのおもちゃはいつの間にか倒れているのだ。
一筋の雲が青い空に向かったまま。
8月24日(火)。
北北西に2mの風。

「さよなら、さよならロケット島。」
       (2001) 沖津 誠

奥多摩。
いつかの昔のロープウェイ。

命知らずな小型車で走り抜け、
いかにもサイコゲーム向きの
歯車カラクリ空間。そしてロゥプウェイ。

そして心にしまう老婆の思い出。
今頃か。明日か。そのまた明日か。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-08-15 16:47 | tabi


<< 亡霊・真宮三津郎の悲劇      この曲に誰の文句も言わせない。 >>