2006年 06月 09日

気づけば船にのっているタイプの人間性。

a0059578_22393828.jpgネットシネマで世話になった監督がムサビにやってきた。
ロケの協力の関係で立花教授のところにお礼参りだそうで。

そしたら映画「もんしぇん」の特別上映と重なっており、気づいたら「関係者席」という紙のはらりとおかれた最前列で鑑賞。で気づけば二人の監督に挟まれ中央線にガタゴトン。

こういう静かな純日本製ファンタジーを久々に見たような気がしたというのが正直な感想。
本上映は上野の一角座。作品、映画館共に雰囲気が良いのでたぶんもう一回行きます。恐らく。いや、行かなければならない理由も実はあります故。

で、実はこれは昨日のお話。

今日は岡本太郎美術館&四次元との対話展。
かつて他の展示で見た作品が多かったので目新しさはあまりなかったけれど、それはそれで記憶の呼び戻しになりました。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-06-09 23:06 | 雑想(制作以外)


<< 「ごらん、くらげが流れていく。」      いちばん現実から遠ざかったよう... >>