2006年 05月 14日

骨のずいまでシボレーであとでひじてつクラウンさ♪

a0059578_19132933.jpgとりあえず小林旭の「自動車唱歌」。

自動車の実技最終試験が終わり、
ようやく教習場を卒業。

左車線を走ったらいいのか右車線を走ったらよいのかよくわからなかったあの頃がしのばれる。

とりあえず終わり記念ということで都写美。
絵に描いたお洒落さんギィ・ブルダン展第34回社団法人日本広告写真家協会公募展

「ザ・足フェチ」感が漂うギィ・ブルダンの鏡張りを活かした女の人の写真を見ていたら
「割れた鏡を直す仕事に従事するミラーハウスの人々」という話が浮かんだ。
もちろん彼らは割れた鏡に最後までたどり着けない。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-05-14 21:12 | 雑想(制作以外)


<< 浅間山の噴火がフランス革命を引...      「シーン1 上海の路地裏」と脚... >>