2006年 04月 01日

「養老の滝が飲みたい。」

a0059578_2340577.gif旅行帰りの次の日の日は大抵あまりやることがない。そんな中でたまたまいつかどこかで出会い、いずれ聞きたいと思っていた歌手バートン・クレーンの名を図書館で発見。収録曲「酒が飲みたい」をようやく聞くことになる。

日本人記者として日本に渡りながら、酒の席でアメリカ民謡を日本語で歌う姿をこの当時コロンビアレコードの社長に見初められ1931年からの数年間を歌手として過ごし、「コミックソングの元祖」と一部で言われるこの男。
確実にどこかハズした日本語発音だが、意気揚々とした歌声は意外ではあったが憎めないオヤジである。

「酒飲みは 酒飲めよ
 酒があれば オイ 怠け者
 水はとても おいしいが 
 酒飲めば 僕楽しい
 万歳! 乾杯!
 養老の滝が飲みたい」

ちなみに「養老の滝」とは酒好きの老人のために湧いた神様が湧かせた酒の滝ということらしい。神様も何をやっているのかという話である。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-04-01 00:06 | 雑想(制作以外)


<< 限りなき愛/終わりなき愛      上海旅路事之顛末。 >>