サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 30日

あおげば有頂天。

午前遅くに起きてしまい、卒制展に行くことを断念。
自分の用事と親のおつかいで新橋・有楽町方面へ。

中途半端な昼下がりだったので、近い時間のトコを選んで適当に映画館に行った。
十月末からだから三ヶ月ぶりということになる。
一発目、映画「あおげば尊し」。あっテリー伊藤。監督は「トニー滝谷」の市川準。

a0059578_1512713.jpg










結果は・・・「トニー滝谷」に軍配。テーマが「生と死」というこのご時勢にはかなりストレートな感じ。色々考えさせられるが、やや眠気。ただ何気なく挿入されるカットを見ると監督の演出力はかなりのもの。子供の演技がすごくリアルだった。

終わって映画館を出るとまた少し中途半端な時間。少し考え、二発目。
映画「有頂天ホテル」。昔、エキストラを募集してたな。確か。

a0059578_242441.jpg










一発目をすっ飛ばすほどのお気楽ドタバタコメディ。主要登場人物約20人がところ狭しと動まわる。このきちんと整理された構成はさすが三谷先生。映画「スナッチ」のOPのようにドラマのスイッチングが行われていくのは見事。これだけ役者一人一人に魅力をつけられる演出家はいないだろうなぁ。なかなか。

帰りに手相を占う人に意図的にひっかかってみました。
占いにもそれぞれ守備範囲があるというのがちょっと面白かった。どこまでほんとかはわかりませんが・・。色々おもしろかったけれどある程度代償もありきで気づいたら終電間近でした。すぐ終わるって言ったじゃない。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-30 02:21 | 雑想(制作以外)


<< 「そして列車はやってこない」      なにも始まらなかった一日の終わりに。 >>