2006年 01月 28日

他人のそら似。空に似た他人。

寝不足です。これが昨日のゲームに要因があるとするならもう終わりです。俺は。

初めて学校近くのベトナム料理屋で飯を食べた。
開店以来入っている人を数えるほどしか見たことがなかったので
哀愁と不安しかなかったこの店。味は・・・普通だ。ドライカレーはまぁイケた。

今日みたもの
映画「他人のそら似」  監督 ミシェル・ブラン
「おもしろい脚本とはなんぞや?」ということでカンヌ映画祭脚本賞受賞作品の中のひとつを選んで見てみた。
主人公のコメディ俳優ミシェル・ブランのまわりをもう一人の自分がうろつきところから始まるコメディ。味わい深いというより構成力のうまさ。展開が読めるような気がしていたがそこは脚本賞。ラストは想像を超えていく上、お洒落。
そうか、最後に出てくる人はロマン・ポランスキーだったか。
映画「暗殺のオペラ」 監督 ベルナルド・ベルトリッチ
「暗殺の森」は見ようとする度大抵不吉なことが起こり、二、三回借りているのにいまだ見られていないのでこちらに変更。ボルヘスが原作だし。
感想・・よいっ!冒頭の音楽から並木通りの木漏れ日そして真っ青な夜に光る街灯の灯り。
閉鎖的などこか不気味で幻想的な街の撮り方。この撮監はホントに天才としか思えない。
ファシストに反抗した英雄の父の名前がそこらかしこについた街に主人公がやってくるというシュールな設定をこのベルトリッチのおやっさんはどう描くのかと思ってたけども、もう満足です。英題は「蜘蛛の罠」と訳すらしく迷宮の作家、ボルヘスらしくラストも迷宮的。
久々に詩集を読みたくなった。
ただこの映画、一回だけマイクがガッチリフレーム内にご出演している。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2006-01-28 02:50 | 雑想(制作以外)


<< なにも始まらなかった一日の終わりに。      I神さん家に金八先生がやってきた。 >>