サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 01日

英訳・和訳・以下省略。

テネシー・ワルツの日本語歌詞は前から知ってたが、どうやら英訳ではかなり忍びない。


そんなことより学校で定期を拾って届けてくれた人、ありがとうございます。

誰だか知らないけど。

あと探すのについていってくれた某氏。ありがとう!


今日は不思議とついていないが、ついている一日でした。


今日読んだ&見たもの
小説「となり町戦争」 著者 三崎 亜記
タイトルとこっちの妄想で結びつけてから読んだら、予想以上にシュールだった。
中盤まで嫌な予感を孕んでの低空飛行だったが、段々この世界観と価値観が自分の中にまったりとしみ込んできた。普段ある価値観というか常識みたいなものが一瞬無重力状態になった。という感じなんだろか。ただ「ぼく」と香西さんがやたらとねんごろになるのは気のせいだろうか。

映画「群盗、第七章」 監督 オタール・イオセリアーニ
まいどおなじみイメラの20.000円DVD作品。つまりグリーナウェイ並に需要がないということ。主人公はキリスト教徒の王様、冷戦時代の官僚、現代の浮浪者(一人三役)。どこかあくどく愚かしい人間の人生が複雑に往来する。だいたいこんな内容。このうちの誰かの夢というとなんとなくそうでもないし、みんなが運命の中でつながってるかというと必ずしもそんな感じではない。
グルジア(旗がかっこいい)という結構やっかいな歴史のある国だからわかってないトコもあったんだろうけど描き方としてはかなり奔放。終わりになってきていろんなものがつながってくると魅力がでてくる。久々に眠らないで見れたし。
フェリーニクストリッツァのような印象があったのでいずれまた見ようかと。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2005-12-01 00:06 | 雑想(制作以外)


<< トニーチャキチャニ。      ため息つけば針もふれる。 >>