2005年 11月 26日

そうだ。京都にいったんだ。

こんな感じでした。京都は。

a0059578_22461454.jpg















新横浜前で意識がフォール。気づけば京都。早。時間がないので駆け抜ける。
京都駅→清涼寺祇王寺滝口寺常寂光寺落柿舎→野宮神社→天竜寺渡月橋
嵯峨嵐山から銀閣寺方面へ(でも銀閣寺はシカト)
法然院→安楽寺→霊鑑寺若王子神社永観堂南禅寺
シメは清水寺と決めていたにもかかわらず、バスが混み過ぎて乗車拒否。
let's・タクシ。タクシのオジサンに今さら穴場を教えられる。
それで清水寺。時刻は5時半。暗くてなんも見えん。
土産の約束があったので祇園へ。が約束の地は営業時間外。仕方ないのでバントで返す。
連れとの待ち合わせのため一路大阪へ。なんば。難波。
ローソンとミスドに挟まれた謎のホテルで就寝。007がやっていた。バカ映画め。

a0059578_23352956.jpg















二日目。
大阪から京都に戻り安土へ。駅から本丸跡まで。
まさに「兵どもが夢のあと」。ひたすらタルコフスキーかソクーロフの映画を見てる感じ。
石の城壁。石の階段。柱跡。ひたすら。ノスタルジア。
そんで安土町民の血税を豪勢に使った「信長の館」「安土城考古博物館」
200メートルの山の上に50メートルの城。そんで一番上にこんな部屋。

a0059578_23465628.jpg















タルコフスキーもソクーロフもあったもんじゃない。
狭いトコで生きてるらしい。俺らは。ずいぶんと。
やっぱ地球が丸いことを瞬時に理解しただけあるし夜に暗い城を初めてライトアップしただけある。すげえ。
信長と安土城以外の税金の使い方に関してかなりわかっていない感じでできた道路を走り、米原から東京へ。車内にはこの人がいたらしい。
さっ。もとの木阿弥。また明日。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2005-11-26 00:09 | tabi


<< 守備範囲。      そうだ。京都にいこう。 >>