サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 16日

「靴下に穴が開いてないといいなぁ。」

ブッシュが金閣寺の座敷に上がる時にこう言ったとか。テキサスカウボーイめ。

んなことより空デのドラマ実習に行ってきました。

a0059578_22401189.jpg















さすが空デ。お見事。演劇をやっている主人公という設定には空デの実習ということへの

考慮が見受けられます。でも、やっぱ舞台美術いいわ。

「映像科の最後の特攻機」ことHi-Visionの性能はさすがというところ。次世代。

まあ一億かけてさすがじゃなきゃ詐欺なんだけれども。


今日見たもの
アニメーション「ジョン=フランソワ・ラギオニ短篇集」
昨日イメラで向かいの人が見てた。アンリ・ルソーが切り絵アニメになるとこんな感じという感じ。他にもデ・キリコとか近代画家の作風がうまく活かされている。物語としてはどこか不条理的な印象。三作しか見られなかったけど「ある日突然爆弾が」が一番良かった。
映画「さらば箱舟」監督 寺山 修司
やっと見られた。原作はガルシア・マルケスの伝説的長編「百年の孤独」こっちじゃない。百年村(原作ではマコンド村)の繁栄から衰退、そして消滅と村の主である時任家(原作ではアルカディオ家)を軸にした物語。繁栄、衰退、消滅という演劇的にも相通ずる要素を寺山節で表現した寺山修司の遺作となる映画。
読んでから一年くらい経つが、原作があるものはなるべく先に読んでおいた方がいいと実感。ラストの結びは良いか悪いか判断つけかねるが、消滅という原作の結びへの寺山なりの結論なのかもしれない。「人間は中途半端な死体として生まれ、一生かかって完全な死体になるんだ。」というのは本作の代表的台詞。
「百年の孤独」は12月にこちらの方々によっても舞台化されます。

あと今日気づいた。馬鹿だ。俺は。うん、とりあえず戒めておこう。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2005-11-16 23:11 | 雑想(制作以外)


<< ゼリー状の宇宙食を食べるしかな...      ジャケツ! >>