サイトウ タカヒコ Portfolio (旧HP)

cotedazur.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 11日

11日必着の郵便物を11日に出しても11日に着く。

らしい。三浦教授から四本の作品を展示用に一本につなぐ作業を頼まれたが、

10日の23時に帰って、作業して11日の午前0時。コンビニに行ってはや1時なので

いかがなものかと思ったがどうやら11日の14時以降に着くらしい。びっくりした。


とりあえず見たものが溜まってきたんで日記短め、感想長めで。


昨日&今日見たもの
映画「パッチギ」
親父の「このシーンがいいんだよ」方式でコマ切れで見ている内に、全部見てた。
オイル漏れではなく、フォークルの「悲しくてやりきれない」のくだりで久々にキタ。泣ける。
あまりにも正攻法な話だが、とてもよくできてる。人物もセリフも画も。今更言わんでも名作だけど名作。クライマックスからラストにかけては文句ございません。
映像科のエンタメ人ヤマナカ先生の卒制はこんなん作って欲しい。

映画「オペレッタ・狸御殿」
さっ、賛否両論の清順先生最新作。・・・僕はありだと思います。細かいことはいいんです。スタジオの床が見えているとか、なぜ美空ひばりがでてくるのかとか。清順先生の場合は。
映画館とかで前情報とかナシで見たら問題は多いでしょうけど。OPだけが良いことでおなじみの「ピストル・オペラ」よりは全然話としてはまとまっているし愉快でおもしろいと思います。
もともと「なにがNGでなにがOKかわからない。」という人なんです。いいんです。これで。

映画「赤目四十八瀧心中未遂」
再確認の意味でもう一回DVD借りて見た。どこか普通とは(いや、かなりか)違う街の中のとげとげしいほど個性さんな登場人物が溢れている。行き場がなく、流されていく主人公に感情移入できるって点で偏った意見ですがおもしろいと思います。画作りとしてもとても詩的で幻想的。なんと言っても赤目四十八瀧が飛びぬけてきれい。実際、一度行ったけどほんとよいトコ。京都から二時間で行けます。
[PR]

by s-tou-takahiko | 2005-11-11 21:30 | 雑想(制作以外)


<< そして佐藤君は橋本駅へと帰った。      おまえなんかシャツの三つ目のボ... >>